スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





主人公は僕だった

主人公は僕だった コレクターズ・エディション主人公は僕だった コレクターズ・エディション
(2007/12/19)
マギー・ギレンホール、エマ・トンプソン 他


商品詳細を見る

あらすじ - 毎日が変わり映えしない生活を送っていたハロルド(ウィル・フェレル)にある日突然、‘声’がどこからともなく聴こえる!? ハロルドの行動を同時進行で描写するその声は、どうやら彼の人生のストーリーを書いているらしい。そして、その声は「ハロルドは時期に死ぬ・・・」と。死に直面している運命(!?)を語る声を突き止めるため、ハロルドは医師でもない大学教授(ダスティン・ホフマン)に相談をもちかける!と同時に、人生の期限を突きつけられたハロルドは、長期休暇をとり今までしたくても出来なかった事に挑戦してみたり、さらには胸中の女性に告白!人生が変わり始めたことを教授に報告しているとTVから慣れ親しんだ‘声’が聞こえてきた!それは新作を執筆中の大悲劇作家カレン(エマ・トンプソン)だった! Amazon.co.jp

発想が好きですねー。小説の中の主人公が実在していたらっていうのを想像しただけで見たくなりました。 内容は前半はトゥルーマンショウを見ているようで、声の存在に気づいてからの主人公の抵抗が面白かったです。小説家の想像力の表現や語りの部分に合わせた映像の作りが斬新でユーモラスがあって独特の世界観というか漫画本を読んでいるような感覚になりました。 字幕で見るよりも、吹き替えで見たほうが声優さんが(山寺さん)がいい感じにおもしろく、少し過剰に感情表現をしてくれているので楽しめると思います。 人が想像できる事は実現する事も可能だとか誰かが言ってましたが、本人の意思とは関係なく想像した人物が実世界に現れたら、うれしい反面ちょっと怖いですけどね。

評価 - 78点
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画








TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近観た映画☆

先月、友達とゴルフに行ってきました[:ゴルフ:]その後に映画を観に行くことになって、何を観ようか迷ったんですが、『主人公は僕だった』を観に行って来ました。『主人公は僕だった』監督:マーク・フォースター脚本:ザック・ヘルム出演:ウィル・フェレル  エマ・トンプ

COMMENT

Seacret




こんばんはe-442
この映画は独特の視点で面白かったです。
トラックバックさせていただきました。

よろしくお願いします♪

トラックバックありがとうございます。

当たり前なんですけど、

より第三者の目で見れる映画でおもしろかったですよね!

またのお越しをお待ちしております!
ブログカレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
おすすめブログ
月別アーカイブ
アフィリエイトは MicroAd
MicroAdで即報酬ゲット!
google adで高額報酬!?

広告1クリック 1円!!
お財布.com
あし@でアクセスUP
あし@
トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:tawdry
出身 - 北の方
趣味 - 映画鑑賞
特技 - 海外旅行
特徴 - 犬が特に好き


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。