スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





The 4th Kind

『The 4th Kind(原題)』『The 4th Kind(原題)』
(2009/12/23)
商品詳細を見る

あらすじ - アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫の遺志を継ぐべくこの町特有の原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当たる。患者たちが一様に同じ症例を訴えることを不審に感じた彼女だったが、ある患者が謎の言語を発するとともに妻子を殺して自殺してしまい……。シネマトゥデイ

久々に引きずりました。 海外のホラー映画なんかを見ても、そんなに後を引かないんですが、この作品はなんか怖いです。 普通の怖さじゃないんです。映画の冒頭でもミラが言いますが、まさに「信じるか、信じないかはあなた次第」という言葉どおりです。CMに使われている、実録と思われるシーンの映像ばかりが怖さをあおっている様に見えますが、その段階にいたるまでの流れが気持ち悪いんです。 そのせいで、説得力のある映像に思えてしまって余計にあのシーンでビビってしまうんですね。 最初は心霊物と勝手に思い込んで観に行ってしまったので、未知の生物(宇宙人)による拉致、接触(4th Kind)物と思った瞬間は、ちょっと観る気が失せかけたんですが、不思議と段々のめり込んでしまいます。 映画会社が、実際にあった事件と思わせるように、情報操作したとか、地元メディアに和解金を払ったとかいう話もあるようですが、本当に全てが嘘と言い切れるのでしょうか・・・。実際に我々も無数の惑星の一つに生存している訳ですから、完全に否定はできませんよね。 信じれば、信じるほど怖さが増してくる作品です。 私的に一番怖かったのは、げっそりとやせ細った心理学者の女性ですけどね。 見た目怖っ!!

評価 - 80点
にほんブログ村 映画ブログへ 
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画






2012

2012 オリジナル・サウンドトラック2012 オリジナル・サウンドトラック
(2009/11/25)
サントラアダム・ランバート

商品詳細を見る

あらすじ - 『2012』は、「デイ・アフター・トゥモロー」「インディペンデンス・デイ」で有名な、ローランド・エメリッヒ監督自身が「もうこれ以上のディザスター・ムービーは作れない」と宣言した話題の最新作。マヤ文明の暦が2012年12月で終わっているという事実に基づき、地球に訪れる大災害を壮大なスケールで描いている。ストーリーの根底には離婚した夫婦、父親と子供たち、という家族愛がテーマとなっており、単なるパニック映画とは一線を画す。Amazon.co.jp

気になって観に行っちゃいました。期待通りの大迫力の映像に、見ていてちょっと具合が悪くなってしまいました。リアルすぎて、不安になってしまう気持ちと、ギリギリの脱出の緊迫感でやられたってところでしょうか。マヤ文明の予言を臭わせつつ、惑星の軌道や地殻変動、地球のコアの急速な温度上昇など、ただの空想ではなく、科学的根拠に基づいて作られている感じが、より不安感を募らせてくれます。 あまり心配性の方は見ないほうがいいかも知れませんね。結末はさておき、世の中最後はやっぱりお金持ってる人が生き残るのかよ!っと嘆きたくなるシーンが多々ありますが、あんな事が現実に起きたら、間違いなく逃げ場なんて無いでしょうね。 宇宙に逃げれたとしても、この先どうするの?って結局途方に暮れるでしょうし。 地球と共に、家族や恋人と最後を素直に迎えるっていう選択肢が一番しっくりくるかもと自身は思いましたが、みなさんはどうでしょうか。

評価 - 79点
にほんブログ村 映画ブログへ 

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画






ブログカレンダー
09 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
おすすめブログ
月別アーカイブ
アフィリエイトは MicroAd
MicroAdで即報酬ゲット!
google adで高額報酬!?

広告1クリック 1円!!
お財布.com
あし@でアクセスUP
あし@
トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:tawdry
出身 - 北の方
趣味 - 映画鑑賞
特技 - 海外旅行
特徴 - 犬が特に好き


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。