スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ベオウルフ

ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組)ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版(2枚組)
(2008/04/11)
ジョン・マルコビッチ、アンジェリーナ・ジョリー 他

商品詳細を見る

あらすじ - 世界を巻き込む“呪い”の連鎖は、一人の女の誘惑から始まる。呪われた王国へ、男は海の向こうからやって来た。どんな戦士も適わなかった怪物グレンデルを倒し、名を馳せるために。鎧も武器も要らない。相手が素手なら、こちらも生身で戦うまで。そんな恐れ知らずの勇者に仕掛けられた甘い誘惑・・・。手にしたものは莫大な富、永遠の力、そして偉大なる王の称号。しかし、栄光の先には恐るべき代償が待っていた――! Amazon.co.jp

もはや実写と区別のつかないシーンがいくつもあって、それだけでも度肝を抜かれました。今だったら「ロード・オブ・ザ・リング」あたりの映画は、俳優を一切使わなくても、同じように製作できるんではないでしょうか。 CMでも流れてましたが、アンジョリーナ・ジョリーの容姿をした怪物に、CGとは思えないくらい素晴らしいヌードを見せつけられて、ちょっとうれしいような恥ずかしいような.......。そりゃ男ならだれでもコロッと落とされちゃうよーなんて思いつつ魅了させられました。 ストーリーも分かりやすくて面白かったです。 ほとんどの俳優の撮影時間と出演料が、CG製作の時間と制作費よりも長期間で高すぎるなんて事になったら、役者がいらなくなる時代が来るかもしれませんね。負けじと若手俳優が次の時代を支えていって欲しい物ですね。ちょっと前の映画で、「シモーヌ」ていう作品がありましたが、実在しない女優がどんどん有名になっていって、作った本人が追いつめられていくなんて話で結構面白かったのを憶えています。リアルになりすぎても困るし、しょぼいと馬鹿にされるCGって一体何なんでしょうね。今ぐらいが丁度いいんでしょうか? 映画の未来はどうなっていくんでしょうね...。

評価 - 80点 
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画






ブログカレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
おすすめブログ
月別アーカイブ
アフィリエイトは MicroAd
MicroAdで即報酬ゲット!
google adで高額報酬!?

広告1クリック 1円!!
お財布.com
あし@でアクセスUP
あし@
トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:tawdry
出身 - 北の方
趣味 - 映画鑑賞
特技 - 海外旅行
特徴 - 犬が特に好き


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。